患者様へのお約束

キービジュアル

患者様が快適に、そして安心してご来院して頂くための当院の特徴をまとめました。
ご興味のある項目をクリックしてください。

日本矯正歯科学会「有資格者」が矯正治療を担当

診療

ご存知でしょうか?
日本では、どんな歯医者さんでも「矯正歯科医」と名乗ることができる制度となっていることを。 つまり、矯正歯科について特別に学んでいない歯科医師でも、矯正歯科を看板にかかげて診療を始めることができてしまうのです。
矯正歯科治療とは、専門知識、豊富な経験、技術が必要とされる治療です。
特別に訓練を積んでいない歯科医師が、矯正歯科の看板を掲げ治療を行っていることに、私はある種の懸念を感じます。

情報が溢れている時代だからこそ、正しい知識のもとに正しい選択をする必要があります。 そこで、一般の患者さんに、歯医者さんの矯正治療のレベルを知ってもらうため、日本矯正歯科学会が資格制度を創設しました。
当院の院長は、日本矯正歯科学会「認定医」を取得しております。

※認定を取得するには下記の条件を満たす必要があります。

  • 5年以上日本矯正歯科学会の会員であること
  • 臨床研修期間5年以上、150症例以上の臨床経験
  • 学会誌にオリジナル論文を発表すること
  • 学会の定める試験に合格すること

※認定医が学会誌に発表した論文になります。

論文

舌側矯正を得意としています

診療

治療を担当する院長は豊富な臨床経験や専門知識を必要とする裏側からの矯正治療(舌側矯正)を得意としています。多くの舌側矯正を手がけている専門医院に勤務し、十分に鍛錬を積んで参りました。ですので、当院で行う舌側矯正は、表側からの矯正と治療期間、治療の質に一切変わりはありません。
当院では、成人患者様の70%が裏側からの歯列矯正で治療をされています。

院長

舌側矯正の治療期間は約1年~2年程度です(症例によっては2~3年かかることもあります)。
治療に使用するワイヤーは、温度形状記憶合金やチタンの合金等を使用しているため、一般的なワイヤーに比べ生体にやさしく、一般的には3~4週の間隔で来院して頂くところを4~8週に一度のご来院でよくなりました。

表側の矯正と同じように裏側で治療してほしい方、歯並びは治したいけれど「装置が目立つのがいやだ」と治療をあきらめている方、他院で裏側の治療は出来ないと言われた方は一度ご相談ください。

矯正に関する個別相談「無料」

当院では、院長による1対1の対面相談を実施しております。矯正のご相談であれば、どのような内容でもご対応いたします。
各種検査・診断を行い、現在のお口の状態、そして複数の治療法のご提案をさせて頂いております。また当院ではセカンドオピニオンを積極的に実施しておりますので、治療法に迷われた方、一度ご相談ください。

相談

以下、よくある質問をご紹介します。

成人の方

  • 目立ちにくい・見えにくい矯正装置に関して教えてください。
  • 短期間で治療をお願いしたいのですが。
  • 治療費、来院回数はどのような感じですか?
  • できる限り非抜歯で治療は可能ですか?

親御さん

  • 子供の治療を始める時期はいつ頃がよろしいでしょうか?
  • 最近、子供の歯並びが気になっているのですが。
  • 滑舌が悪いのですが、歯並びに原因があるのでしょうか?
  • まずは子供の口を診て、専門家の意見を聞かせてください。
院長

矯正治療はある程度の期間がかかる治療となりますので、患者様との信頼関係の構築が大切だと私は考えます。

治療を始めてから、「この先生と合わないな」となってしまっては非常に残念ですので、まずはこの無料相談をご利用して頂き、担当医の人間性を知ってから始めるのも1つの方法だと考えています。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから

キッズルーム完備

キッズルーム

お子様に楽しく来院して頂くため、そして親御さんの治療中に安心してお子さんを遊ばせておくため、当院ではキッズルームを設置しています。
受付から見える位置にキッズルームがありますので、安心してお子様を遊ばせておけます。
また、当院では頑張ったお子様に「消しゴムのプレゼント」をお渡ししています。

個室の診療室

診療室

診療室

当院の診療スペースはすべて個室タイプになっておりますので周りを気にせず診療に専念できる環境にあります。
また日の光がたくさん入るようガラス張りになっておりますので、快適な環境でリラックスして診療に臨んでいただけます。

個室のカウンセリングルームの設置

カウンセリングルーム

患者様のご要望をしっかり聞くため、そして、患者様にリラックスしてお話しして頂くため、当院では個室のカウンセリングルームを設置しております。どんなことでもいいです。何なりとお話しください。

歯列矯正は、映画作りと同じと当院では考えています。
患者様には主演を、われわれ術者はプロデューサーや監督といったスタッフです。
監督の指示に従い、主演の役者さんが演技をしたとしても良い作品は決して出来上がりません。まずはその役者さんに適した役を割り当て、そして作品の方向性を理解して頂き、ゴールに向かって意見をすり合わせながら進めていく。これが良い映画を作るために必要な条件だと思います。

矯正も同じです。

まずは、お口の状態を把握・分析し、その患者様に合った治療法をご提示する。
そして、ご提示した治療法に、患者様の理想を加味し、更にお互いの意見を摺り合せ、納得した上で治療を進めていく。この流れが非常に大切です。

院長

矯正治療はドクター一人で行うものではなく、患者様の協力も必要となる治療です。
ドクター主導の独りよがりな治療では決して患者様の理想とされるゴールへは辿りつくことはできません。

また、矯正治療は他の治療と比べ長期にわたる治療となりますので、初期段階での精密な分析に基づいた治療計画が非常に重要となります。
この計画の精度が低いと、治療期間の延長、そして噛み合わせ不調和の原因となってしまいます。

当院では、レントゲン撮影、セファロ分析、模型診断などを行い、治療開始前の診査診断に多くの時間を割いております。

レントゲン撮影、セファロ分析、模型診断

初診「個別」相談へのご案内

  • 無料相談
  • インターネット予約
  • 092-406-3608
  • 午前①11:00〜13:30----
    午後①15:00〜20:00----
    午前②10:00〜13:30-----
    午後②15:00〜19:00-----

このページの先頭に戻る