見えにくい・目立ちにくい矯正

キービジュアル

見えにくい」矯正
-歯の裏側に装置を付けます
目立ちにくい」矯正
-透明の装置を付けます

矯正装置に抵抗がある方にお勧めです!

  • 裏側矯正

    総額115万円(上下)
    総額100万円(一方)

  • マウスピース矯正

    90万円(総額)

見えにくい・目立ちにくい矯正装置とは?

当院では、見えにくい矯正装置として「裏側矯正(舌側矯正ともいいます)」と、透明で目立ちにくい矯正装置として「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置」をご用意しております。
それぞれご紹介いたします。

裏側(舌側)矯正

裏側(舌側)矯正はなぜ「見えにくい」の?

皆さんがよくご存知の矯正は「歯の表側」に装置を付けるものだと思います。
しかし、裏側(舌側)矯正は、その名の通り、歯の裏側(舌側)に矯正装置を付けますので、他の人に気づかれにくくなります。下の画像を見て頂ければ一目瞭然ですね。

目立ちにくい矯正

裏側(舌側)矯正の「治療期間」は?「違和感」は?「虫歯になり易い?」

よく患者様から次のような質問を頂きます。

質問

それぞれお答えいたします。

治療期間

結論から申しますと、表側矯正と裏側(下側)矯正の治療期間は変わりません
当院では平均1年半~2年程度(ケースによっては2~3年かかることもあります)で治療を終了させています。

患者様がこのようなご質問をされるには理由があります。多くの歯科医院のホームページで、「裏側(舌側)矯正は表側矯正と異なり、処置が難しいためどうしても治療期間が延びてしまいます」と掲載されているためです。

院長である私はこれまで多くの裏側(舌側)矯正、表側矯正を手掛けてきましたが、治療期間に大きな差が出たことはございません。

治療中の違和感

もちろん歯に装置を付けますので、表側・裏側問わず、慣れるまでは違和感があります。しかし、当院で利用している装置は違和感を抑えるために従来よりも小型化されていますので、それほど気になさることはないと考えております。

虫歯のなり易さ

結論からお伝えしますと、裏側矯正の方が虫歯になりにくいです。
歯の裏側は、表側より3倍も厚いため、虫歯菌の出す酸に強く、また、歯の裏側には常に唾液が循環しているため、虫歯菌がこの唾液の静菌作用や殺菌作用によって増殖しにくくなっています。このような理由から、歯の裏側に装置を付けた方が虫歯になりにくいのです。しかし、表側・裏側に関わらず、装置を付けた状態でのブラッシングに慣れるまでは、虫歯になる可能性は高くなりますので、矯正中は歯磨きをしっかりすることが大切です。

裏側(舌側)矯正装置のご紹介

当院で利用している裏側(舌側)矯正装置(インコグニート、STbシステム)をご紹介いたします。

Incognito Stb

Incognito-インコグニート

インコグニート

インコグニートは3次元画像化技術とCAD/CAM技術を活用したオーダーメイドリンガル(舌側・裏側)矯正システムです。

インコグニート

これらの特徴を説明するためには、従来から存在している裏側(舌側)矯正装置と比較した方が分かりやすいかと思います。

従来の裏側(舌側)矯正は「既製品」の装置を利用していました。
歯の裏側の形態は人それぞれ微妙に異なりますので、既製品ではその差異にしっかり対応できず、下記のような問題が生じていました。

「歯と装置との間に「厚み」が生じ、口の中の違和感につながる」
「歯と装置の間に「隙間」ができることがあり、それが原因で装置が外れたり治療の精度が落ち、治療結果が悪くなる」

インコグニートは、既製品ではなく、患者様一人一人の歯の形態を光化学スキャンで読み取り、それに合わせて1つ1つの装置を作製する「オリジナル」ですので、上記の問題は起こらないか、軽減されます。

また、当院の担当医は裏側(舌側)矯正装置「インコグニート」の「認定医」を取得しております。

認定書と院長

Stbシステム

Stb

STbシステムは先にご紹介した、インコグニートとは異なり、3次元画像化技術とCAD/CAM技術などは利用せず、1つ1つの工程が人間によるオーダーメイドの治療となりますので、術者の経験・技術を非常に必要とするシステムです。

このシステムは従来型の装置と異なり、非常に小型化されていますので、発音がしにくかったり、装置が舌に接触するなどにより口内炎ができやすいなどの問題点が改善されています。

Stb

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースを口にはめ、何度か新しいマウスピースに交換しながら徐々に歯を移動させる矯正治療方法です。
種類もいくつか存在しますが、当院では「インビザライン」「アソアライナー」というシステムを導入しています。(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)

マウスピース矯正

表側矯正や裏側(舌側)矯正と異なり、装置が取り外し式で、目立ちにくいのが特徴的です。しかし、歯の移動量が大きいケース(抜歯を必要とするケース)ではマウスピース矯正単独では限界がある場合があり、そのような場合は一定期間、表側・裏側矯正を併用することもあります。

取り外し可能ですので、食べたい物が食べられ、食後の歯磨きや装置の洗浄も簡単に行うことができる反面、装置を装着する判断は患者様に一任されるため、装置を付ける時間が短く、つけない期間があった場合は、治療期間が長くなってしまうというデメリットも存在します。

マウスピース矯正装置のご紹介

当院で利用しているマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置をご紹介いたします。

Invisalign-インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)

インビザライン

インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)以外にも、マウスピース型の矯正装置はいくつか存在します。
どれもほぼ同じシステムなのですが、1点、他の装置と大きく違うことがあります。
それは、「患者様の負担度合い」です。

マウスピースを作製するため、治療開始時に歯型を採るのですが、インビザラインの場合、基本的に1回歯型を採って(もし、ズレが発生しても2~3回)、3次元画像化技術とCAD/CAM技術により各ステージのマウスピースをまとめて作製しお渡しします。そのため来院回数(6~8週間に1回のペース)を減らすことができます。

これ以外のシステムの場合、約2~3週間のペースで来院し、その都度、歯型を採り、新しいマウスピースを作製する必要がありますので、患者様にはそれなりの負担となります。

Aso Aligner-アソアライナー(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)

アソアライナー

マウスピース矯正は、1つのマウスピースで移動できる歯の移動量が限られています(最大で約1mm)。そのために、適切な位置へ歯を移動させるためには数段階のマウスピースが必要となります。

前者のシステムでは、治療完了までの歯の動きを事前にシュミレーションし、基本的に1回の歯型採りだけで、全行程のマウスピースを作製することができるのがメリットでしたが、アソアライナー(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)は、次の段階に移行する際、毎回型取りの作業が必要になりますので、その分、患者様の負担は大きくなります。
しかし、これは一見デメリットに感じるかもしれませんが、実はこの型取りの工程を毎回踏むことはメリットでもあります。

それは、毎回歯型を採るため、その時点で適切な歯型を採ることができ、それに合わせたマウスピースを作製できるため、精度の高い矯正治療が可能になります。

アソアライナー

その他、インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)と比べメリット・デメリットをご紹介いたします。

デメリット

アソアライナーの適応症例は下記のような状態の改善となります。
奥歯の噛み合わせに問題のない前歯部の歯列不正や、後戻りの治療、スペースの閉鎖など。抜歯が必要な場合や大きな不調和、複雑な歯のコントロールなどはアソアライナーでの治療は困難となります。しかし、インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)では上記のような制限はありません。

メリット

例えば、前歯部の部分的な矯正を行う場合、インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)でもアソアライナー(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)でも対応できますが、インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)の方が治療費は高くなります。つまり、一概には言えませんが、費用面を考えた際、どちらのシステムでも対応できる場合は、アソアライナー(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)を利用した方がコストを抑えることが可能になります。

マウスピース型
カスタムメイド矯正歯科装置
来院回数 適応症例 備考
img 少ない
(6~8週間に1回)
広い  
img 多い
(月に1回)
狭い 段階に応じた適切な対応が可能

当院では、それぞれの特徴を考慮し、患者様の治療に適切なシステムをご提案させて頂いております。お気軽にご相談くださいませ。

マウスピース矯正に関してドクターからのメッセージ

ここまでの説明をお読み頂くと、「マウスピース矯正は特に知識・技術などいらない治療だな」と思われた方も多いかと思います。
実際、ほとんどの工程はコンピューター処理され、人間の手は加わりません。

院長

しかし、1点、人間の手が加わる工程があります。
それは、出来上がって送られてきたマウスピースが、矯正学的に本当にその方に合った仕上がりになっているのかという診査です。
問題があると判断した場合は、再度、設計し直し、問題がなくなるまで何度も再作製を繰り返します。
この診査を誤ってしまうと、歯が動かないばかりか、余計に歯並びが悪化してしまう事もあります。

矯正治療というのは、歯科医師の資格を持った人間であれば、誰でも行うことができるのが日本のルールです。しかし、矯正治療は、虫歯や歯周病、入れ歯といった他の治療と別次元の治療となり、浅い知識と経験で行っていいものではありません。

現に、矯正認定医や専門医の資格を持たない歯科医師が矯正治療を手掛け、様々な問題が出ています。これは、あまり人間の手が加わらないマウスピース矯正も同様です。

インビザラインシステム(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)を開発したアライン社は、矯正治療の知識や経験の浅い先生方の乱用を恐れ、取り扱いに関しての認定条件を定めています。当院の担当医はインビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)「認定医」を取得しております。

認定証

初診「個別」相談へのご案内

  • 無料相談
  • インターネット予約
  • 092-406-3608
  • 午前①11:00〜13:30----
    午後①15:00〜20:00----
    午前②10:00〜13:30-----
    午後②15:00〜19:00-----

このページの先頭に戻る